算数の試験でキーポイントになる図形問題

中学試験で多くの子供が時間をかけて勉強しているのが算数ですが、

算数を苦手科目にしている子供も多くいます。算数の中でも特に多くの子供が苦手にしているのが図形問題です。

計算問題のように出題された問題を計算だけで解くことができないことから、

子供の能力によって大きく差が出る問題です。そのために中学受験を指導する塾の講師も、

充実した図形問題の対策が求められています。他の教科と比べた場合の図形問題を教えることの難しさは、

ただ知識を教えるだけでは、生徒が問題が解けるようにならないことです。

計算問題のように計算の方法さえ知っていれば解けるというようなものでもないので、

独自の対策が必要になります。

中学入試の算数の図形問題では大きく分けて、平面図形と立体図形が出題されます。

どちらも難しいという点では共通していますが、

子供が図形問題を解けないのは頭の使い方が異なることと関係しています。

他の試験問題ならば記憶したことをそのまま思い出せばよいので容易ですが、

図形問題では問題を解くための発想力が強く求められています。記憶力だけではない、

総合的に考える力が必要とされるので、塾での指導もそうした点を踏まえながら、

子供の発想力を伸ばす工夫が必要です。