中学受験向けの問題作りと情報収集の方法

中学受験を想定した授業を行う塾では子供たちに向けた問題作りが大きな課題です。

中学受験は年度ごとに内容が変わるので、塾で行う授業も受験に対応させる必要があります。

こまめな情報収集が不可欠であり、教材の買い替えも顕著です。

そのため、中学受験を行う塾は月謝に教材の購入費が加算されるので割高な傾向があります。

私が働いていた塾では中学受験の中でも算数の授業に力を入れていた所だったので、

算数に関する教材の買い替えは頻繁に行っていました。

そのため、教科別の授業を受けるコースでは算数の授業は他の教科よりも料金が高く設定されていたのです。

扱っている問題も中学受験らしく非常にレベルの高い応用問題ばかりでした。

中学受験に対応できる問題を作るには過去の受験を参考にするのが最も良い方法とされています。

過去問をまとめた書籍が有名ですが、実際に使用されたテスト用紙を集め、

記載されている問題を参考にするケースもあるのです。

中学受験を受けた子供のプライバシーに関わる問題なので慎重な取り扱いが求められていますが、

手間がかかる分だけ問題の質は高く、中学受験の対策には非常に効果的なのです。

基本的に月謝が高い塾ほど扱っている問題のレベルが高いと言えますが、

これは集めた情報の質の高さが反映されていると言っても過言ではありません。